起立性調節障害(OD)

起立性調節障害

・朝はボーっとして寝床から起きられない
 
・目が覚めても頭痛や腹痛がする
 
・食欲がない
 
・いつも疲労感、倦怠感がある

 

・午前中は体調が悪く、午後になると元気が出てくる


・立ちっぱなしが続くと、ふらつき・立ちくらみを起こしやすい 

 

・夜は寝つけない・寝られないと思うと、ますます眠れない

 
・階段を上ったり、早走りをすると、動悸や息切れをしやすい
 

 

まだまだ、たくさんありますが、起立性調節障害の代表的な症状です。

思春期の子供たちに多いと言われてまいりましたが、
ストレスを抱えた大人にも、とても多い症状です。

 

 

原因は自律神経の乱れと言われています。

 

自律神経は、
 ・やるぞ!という交感神経と
 ・リラックスの副交感神経とでバランスをとっています。
          
 車で例えると、アクセルとブレーキです。

 

昼間は交感神経が活発、夜は副交感神経が優位となります。

朝なのに交感神経が優位にならない、
夜なのに交感神経が静まらず、副交感神経が優位にならない、、、

このようにバランスが崩れると起こりやすくなります。

 

自律神経の多くは、背骨の中を通り、背骨の間から出て内臓や
手足に入ります。血液が流れる血管も自律神経が影響します。

そこで、背骨の動きや筋肉の硬さを優しく緩めながら、
日常姿勢や環境を改善して、無理のない動き(ストレッチ)が
お役に立てるのです。

 

ストレスは首の筋肉を硬くします。
脳への影響ですが、脳へ入る血管は、首の上で3回、急なカーブを描きます。
ここのところの筋肉がガチガチになると、一寸した事で血流が悪くなり、症状に結びつく事もあると考えられます。

 

一例ですが、

首の動きが良い時は良く寝られるが、硬くなると寝つきが悪くなる、
気分が悪くなるいう方もたくさんいらっしゃいます。

 

勿論、隠れた病気もありますので医学検査は大切です。
医師から内臓等に問題はないと診断されましたら、
一度、おいでになりませんか。
30年を超える経験を活かさせてください。

院長からのメッセージ

こんにには。院長の山口 博です。

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。院長の山口 博です。

 

凝りや痛み疲労感など、様々な症状を我慢して、一生懸命、家事や仕事をしている方々、何年も治らないつらい症状で悩んでいる人のお役に立ちたい』という思いでこの仕事を始めました。

 

医学検査で問題がないのに症状で苦しんでいる方々がたくさんいらっしゃいます。この場合、医学で問題にされない骨格の歪みや関節の動き、アンバランスな筋疲労、また、困った事が続いたり、気を使うなどストレスが原因となっている事もよくあります。

 

気がつかない原因の中に、デスクワーク、仕事、家事、趣味などの生活習慣が関係していることもあります。一刻も早く不調から開放され健康な身体を取り戻すためには、その原因を的確に見つけ出し解消していくことが大切です。

 

あなたの症状を改善に導くため、当院は徹底したカウンセリングと検査で原因を特定し、お身体の状態に合った施術を提案させていただきます。

はじめてのところは色々な不安があると思いますが、当院ではお得な初回特典もご用意しておりますので、『まずはお試し』のつもりでお気軽にお越しいただければと思います。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

■ ホームページ限定特典

\今だけ!/ 月限定15名様に限り、
通常初回価格10,500円【初検料4,500円+施術料6,000円】を
初検料無料で、
6,000

にさせていただきます。
ご予約の際に『ホームページを見た』とお伝えください。

※ホームページ限定特典は予告なく終了する可能性があります
※価格は全て税込みで表記しております

LINEからの予約方法(電話・ネット予約もあります)

1クリックしてQRコードを読み取る

2友達追加する

3希望日時を送信(第二希望あると助かります)

4当院より返信 → ご予約確定