東京都・港区・青山/ 青山一丁目駅(半蔵門線・銀座線・大江戸線)徒歩1分の整体・カイロプラクティック院です。】
頭痛、目の疲れ、首肩こり、背中の痛み、腕や脚の痛み、腰痛、ギックリ腰、生理痛、足の付け根の痛み、膝痛、尾骨痛、めまい、
小顔、フェイシャル、骨盤矯正、O脚、冷え性、むくみ、顎の痛み、不眠、吐き気、慢性的な疲れ、ストレス症状他、いつでもご相談下さい。


  TOP  
  初めてご来院される方へ  
  ご来院された方々の声  
  出演メディア  
  症例  
  スタッフ  
  施術の流れ  
  施術のコース  
  日常生活での背骨の歪み  
  歪みのチェック  
  症状の軽減に役立つ、日常生活の一工夫  
  アクセスマップ  
  銀杏並木通り  
  リンク  
  お問合せ  
 
 
 

院長 山口 博

山口 博

昭和31年生まれ、早稲田大学卒。
昭和62年からカイロプラクティックの施術を始め、現在、 大川カイロプラクティック専門学院セミナー講師、姿勢教育塾講師をしています。東京女子医大病院地域連携室に正式に登録されいているカイロプラ クティック師です。発掘!あるある大事典 他、TV、雑誌、新聞など、マスコミ協力・出演は多数あります。

スポーツは、学生時代に、普通程度のテニスとスキー、現在の運動は、ロード自転車での毎日の通勤です。そろそろ、10年目となります。あとは、月1回の小さなヨットに乗ることです。海は怖いですが、自分のコマを回し直してくれる気がいたします。
酸味では、学生時代はSL(蒸気機関車)マニアの鉄ちゃんでした。今でも、C55、C62が大好きです。


 
 

 
   



 
アオイチカイロ流 腰痛・ギックリ腰予防


@ 椅子から立ち上がる時、

    片手を骨盤に当てるだけです!



  片方の足先を膝より引いて、
  骨盤に片手(きつい時は両手)を腰に当てて立ち上がります。


  骨盤が後ろに倒れないので、比較的、楽に立つ事が出来る。


   


×
足先をグイッと膝の前へ出して、
  腰を後ろに倒して、ヨイショッと
  立ち上がるのは危ないですよ!




A 椅子に腰かけている時や、
   トイレでのクシャミは
危険!

ビリッ!と、痛みが走って、危なかった!という経験、
ありませんか?

クシャミが出そうになったら、ズボンのベルトのした辺り、
骨盤に片手(両手)をあてて、しっかりサポートして下さい。

片方の手を当てて、もう片方を口に当てても結構です。



ポイントは、少し強めに腰、骨盤をしっかり支える事です。

   



B 
立っている時のクシャミ

両手を骨盤にあてて、(片方の手を骨盤に、もう片方は口)
しっかり押さえて、膝を少し緩めてくしゃみをします。

両手で押さえる       人がいる場合など片腕で行う 


腰や骨盤を支えないクシャミは危ないです!

 



腰にどの位の重さが掛かるかご存知でしょうか?

腰に掛かる重さ! 体重70kgの場合、
私達の5個ある腰の骨の真ん中、第3椎間板には、
真っ直ぐ立って体重の約1,5倍、、、、100kg
正しく腰掛けて体重の約2倍、、、、、、140kg
ストーンと腰を丸めると体重の3倍弱、190kg



当院がお薦めする工夫です。

椅子の背もたれにクッションを置きましょう


骨盤を正しい位置に起こして、
その上に上半身が乗ると理想です。
ただ、この状態を筋肉で維持すると
すぐに疲れてしまいます。
そこで、固めのクッションが役立ちます。

自宅でしたら枕でも結構です。
特にソファーに寄りかかる時は、必ず、固めのクッションを使用しましょう

 

 

背すじを伸ばしましょう。

胸を張る体操
肘を曲げて、肩の力を抜いて息を吸います。
息を吐きながら、肘を後ろに引きます。

   

後ろ手を組んで、手のひらは上にします。
軽く肩を引いて、息を吸います。 
吐きながら、肩を引いて背中を反ります。

   


タオルを使った、2つの方法をご紹介しましょう

@
















A 
棒状にしたタオルを背中に敷きます。
腰の下、背中、3〜4ヶ所に丸めたタオル棒を敷いて、
ゆっくりと10〜20回深呼吸を致しましょう。

膝を真っ直ぐ伸ばすとすぐに腰が痛くなる方や、
棒状のタオルを敷く事が気持ち良い感じではなくて、
違和感を感じたら、腰の下に敷くのは お止め下さい。




      ご予約はこちらから※当院は予約制となっております。TEL:03-3479-1401

Copyright (C) Since 2005 Aoyama 1 chome Chiropractic Office All rights reserved.

青山一丁目カイロプラクティック院_バナー 
※当院のHPはリンクフリーです。相互リンクも歓迎です!ご連絡、お待ちしております。
 こちらの画像をリンクバナーとしてお使い下さい。



TOP初めてご来院される方へTV・新聞・雑誌まどの出演症例ご来院された方々の声スタッフ紹介施術の流れ
施術のコース日常生活での背骨の歪み歪みのチェック症状軽減に役立つ一工夫アクセスマップ
銀杏並木通りBLOGリンクお問い合わせ|