東京都・港区・青山/ 青山一丁目駅(半蔵門線・銀座線・大江戸線)徒歩1分の整体・カイロプラクティック院です。】
頭痛、目の疲れ、首肩こり、背中の痛み、腕や脚の痛み、腰痛、ギックリ腰、生理痛、足の付け根の痛み、膝痛、尾骨痛、めまい、
小顔、フェイシャル、骨盤矯正、O脚、冷え性、むくみ、顎の痛み、不眠、吐き気、慢性的な疲れ、ストレス症状他、いつでもご相談下さい。


  TOP  
  初めてご来院される方へ  
  ご来院された方々の声  
  出演メディア  
  症例  
  スタッフ  
  施術の流れ  
  施術のコース  
  日常生活での背骨の歪み  
  歪みのチェック  
  症状の軽減に役立つ、日常生活の一工夫  
  アクセスマップ  
  銀杏並木通り  
  リンク  
  お問合せ  
 
 
 

院長 山口 博

山口 博

昭和31年生まれ、早稲田大学卒。
昭和62年からカイロプラクティックの施術を始め、現在、 大川カイロプラクティック専門学院セミナー講師、姿勢教育塾講師をしています。東京女子医大病院地域連携室に正式に登録されいているカイロプラ クティック師です。発掘!あるある大事典 他、TV、雑誌、新聞など、マスコミ協力・出演は多数あります。

スポーツは、学生時代に、普通程度のテニスとスキー、現在の運動は、ロード自転車での毎日の通勤です。そろそろ、10年目となります。あとは、月1回の小さなヨットに乗ることです。海は怖いですが、自分のコマを回し直してくれる気がいたします。
酸味では、学生時代はSL(蒸気機関車)マニアの鉄ちゃんでした。今でも、C55、C62が大好きです。


 
  ご予約はお電話で・・  
歪みのチェック
猫背チェック!


≪ 猫背を検証 ≫ ・・・ 背骨を歪めるクセの代表は→こちらのページへ

              
当院の基本コースは→こちらのページへ


背中のどこを中心にして丸まっているか?
4つのタイプと、代表的な症状をご紹介します。



@首猫背タイプ

頭が肩の前に極端に出ているタイプ。
壁に背中をつけると顎が上がります。

喉が敏感になりやすい→
  風邪は喉から、、
  風邪でもないのに空咳が出やすい  など、喉が敏感になりやすい。


壁に踵・お尻・肩甲骨・後頭部をつけて立つと極端に顎が上がる。


-------------------

 A背中猫背タイプ

背中の真ん中から丸まり、
一番猫背に見えやすいタイプ。

背中が重苦しくなる、疲労感、だるさ。
胃腸系に影響が起こりやすい→
胸焼け(逆流性食道炎)、便通の乱れ。


壁に踵・お尻・肩甲骨・後頭部をつけて立つと背中が壁とあたる。


-------------------

B腰猫背タイプ

立っている姿は良い姿勢に見える。
椅子などに腰掛けると、ストーンと
腰を丸めてしまうタイプ。

腰の骨がボコボコ出てて、
気になっている方も多い。

腰がだるい、痛くなりやすい、
伸びにくい腰。

壁に踵・お尻・肩甲骨・後頭部をつけて立つと腰の骨が壁にあたる。

   


 C隠れ猫背タイプ

背骨はS字になっていますが、
その、S字を強めあっている猫背。
    
腰掛けると、脚を小さなデスクに
上げたくなるタイプ。

立っていると腕を組む、、長時間立っていると、
腰がだるくなりやすいタイプ。
多くの方に腕を組むクセがある。


壁に踵・お尻・肩甲骨・後頭部をつけて
立つと、顎が上がり、腰と壁の隙間が大きい。



ヘビ背をチェック

ヘビ背は、背中のバランスが、左右、
どちらかに片寄っている人です。

頬杖、足組み、横座り、同じ肩や腕に荷物を持つ、
いつも、同じ側で横寝をするなど、
猫背よりも左右の歪みの為に症状が出ている
方々です。

 
 ≪ 簡単なヘビ背チェック!!≫

1 壁に背中をつけて両足を肩幅まで開きます。
  右の手をウエストにおいて、左の腕を頭の上に乗せます。

2 身体をゆっくり右側へ倒し、元へ戻します。

3 手を変えて(左手をウエスト、右手を頭の上)反対側も同じように倒します。

倒す範囲は、ここまでなら楽に倒せるという範囲で構いません。
どちらの方が倒しやすいですか?または、倒しにくいですか?


極端に違う時は、ヘビ背度が強くて、その為に、凝りや張り、
痛みや痺れが出ている可能性が考えられます。



矯正ストレッチ!



○ 猫背度が高いとお感じの方、、、

いろいろなストレッチがありますが、2例をご紹介しましょう。


1 壁に踵・お尻・肩甲骨・後頭部をつけます。
   軽くお尻を締めて、鼻から香りを嗅ぐように深呼吸をします。
   腰や臀部、お腹の筋肉が締まり、背すじが伸びやすくなります。

   PCなどの仕事姿勢はすべて猫背ですから、自分の背丈通りを
   背骨や筋肉、脳に再確認させる事が大切です。


2 肘を曲げて腕を少し上げます。
   

肩を前から上げながら息を吸います。
ゆっくりと息を吐きながら、肩を引いて、
肩甲骨の間をしめながら下ろします。
これを、4〜6回繰り返します。

次に、息を吸いながら肩を上げて、
後ろへ引いて、吐きながらおろします。

立ち上がると、姿勢が良くなり、
バストアップしているのが実感できます。



------------------------------


○ ヘビ背が強いとお感じの方、、、

上記のヘビ背のチェック方法で、倒しにくい方向へのストレッチが
主となります。下のヘビ背の所にあるイラストをご参照ください。





・もし、右(左)へ体を倒す柔軟性が硬い、
 とお感じの方、、。
・右(左)に倒すと症状が軽減される方は、、





1 右手をウエストに置いて、左手(右手)を頭の上に乗せます。

2 息を吸って、吐きながら体を右(左)に倒して左側(右側)を伸ばします。

3 伸ばしたまま、3回深呼吸してもどします。

4 これを、3〜5回繰り返します。

終わったら、両手の甲で、腰の筋肉を軽くたたきましょう。


☆ 日常姿勢の中で、背骨の歪めるクセの代表は→こちらのページへ。

          ご予約はこちらから※当院は予約制となっております。TEL:03-3479-1401


Copyright (C) Since 2005 Aoyama 1 chome Chiropractic Office All rights reserved.

青山一丁目カイロプラクティック院_バナー 
※当院のHPはリンクフリーです。相互リンクも歓迎です!ご連絡、お待ちしております。
 こちらの画像をリンクバナーとしてお使い下さい。



TOP初めてご来院される方へTV・新聞・雑誌まどの出演症例ご来院された方々の声スタッフ紹介施術の流れ
施術のコース日常生活での背骨の歪み歪みのチェック症状軽減に役立つ一工夫アクセスマップ
銀杏並木通りBLOGリンクお問い合わせ|